シノワズリ

「シノワズリ」は、アジアをイメージし、非対称の縮尺や、漆など独特の素材や装飾を用いた様式が特徴のデザインです。主には、中国の美術様式から影響を受けたデザインと言われていますが、当時、中国や日本の区別があまりついていなかった為、ヨーロッパでは、アジアの影響を受けたデザインは全て「シノワズリ」と読んでいました。実際、歴史的生地を取り扱うシャール・ブルジェ社のシノワズリコレクションの中には、日本の影響を受け、「MOUSMEE(娘)」というタイトルが付けられた生地もございます。

渡航技術もままならない17世紀ごろは、ヨーロッパからアジアへ行ける方々はごく限られた人のみでしたので、彼らは、行く先々で、これまでヨーロッパでは見たことがないアジアの生地や変わったデザインのオブジェなどを買い集め、フランスへ持ち帰りました。そして、それを見た、フランスの研究者たちは、遠い国の文化の理解の為、アジアの研究に没頭しました。

この想像の中のアジアから、多くのアーティストや建築家は中国や日本を思い描きながら「シノワズリ」をデザインし始めました。そして、「シノワズリ」は多くのヨーロッパの人々の関心を得るようになりました。このように、「シノワズリ」とは、アジアの伝統デザインのコピーではなく、アジアのアートに影響を受けたヨーロッパ人によるデザインであります。

「シノワズリ」は、17世紀半ばよりデザインされ始めましたが、ヨーロッパで爆発的人気がでたのは18世紀ごろで、パーフェクションを求められたルイ15世紀時代の「ロココスタイル」の家具などに使用されていたものが、現在も残っております。