ルイ14世スタイル

ルイ14世スタイル

1661年 - 1715年

「太陽王」とも呼ばれ王朝の最盛期を築いたルイ14世。ヴェルサイユ宮殿を建設し、宮殿内を、ダマスク、シルク、花々がデザインされたコットン、聖書の「生命の木」などをモチーフにした装飾で埋め尽くし、フランス王としてのパワーを世に知らしめました。彼は、小柄なデザインを好み、カーテンや椅子カバー、壁カバーとして主に使用していました。